FXソフト比較ランキング > ギャンブルとFXの大きな違い

ギャンブルとFXの大きな違いとは何か?

私はロト6やミニロトなどの宝くじや、サッカーくじのtotoなども買っているので、ギャンブルも好きなわけですが、そんなギャンブルとFXの大きな違いは何かというと、やはり、確実性だと思います。

FXはギャンブルというより投資(投機)ですので、当選する確率が非常に低いロト6やミニロトと比較するのは少し変かもしれませんが、当然、FXの方が確実性はあります。

もちろん、なんの知識もなしにFXで資金を運用すると、あっという間にすっからかんになる可能性もあるのですが、今はFXに関してはソフトやノウハウが色々出ていますので、ほとんど直感だよりのロト6やミニロトよりは確実に稼げるようになっています。

FXに関してはパチンコやパチスロに近いんじゃないかと思われるかもしれませんが、パチンコやパチスロも運の要素が強くなっていますので、データで勝負するFXとは大きな違いがあると言えます。

パチンコやパチスロに関しては、最終的にパチンコ屋が儲かる仕組みになっていますので、圧倒的に損をしている人の方が多くなります。

しかし、FXはというと、為替の取引で差益を得るものですので、損をする人がいないと、得をする人が出ないという仕組みではありません。

ですので、理論上は、取引する人が全員得をしてもいいわけですが、そこまで簡単な話ではありません。

ただ、ギャンブルとは違い、投資(投機)ですので、お金を増やすという意味では、勝つか負けるかの一発勝負のギャンブルとは違い、うまく運用すれば、資金を増やしていくことができます。

競馬、競艇、オートレース、ロト6、ミニロト、ナンバーズ、サマージャンボなどの宝くじ、totoと、日本人はギャンブルが好きなので、公営ギャンブルだけでなく、パチンコやパチスロの非公営ギャンブルまであるわけですが、ギャンブルをしていたのでは、ほとんどの人はお金は増えませんので、趣味でギャンブルをするのはいいですが、資金を増やしたいというのであれば、FXなどに投資をした方がいいかと思います。