FXソフト比較ランキング > レバレッジ規制でも法人という裏技が

レバレッジ規制でも法人口座という裏技が存在

外国為替証拠金であるFXは、2010年8月1日からレバレッジは最大50倍までになり、2011年8月1日からはレバレッジは最大25倍までというレバレッジ規制がかけられています。

レバリッジという表記を使われているところもありますが、レバリッジではなく、レバレッジが正しい表記だと思います。

レバレッジ規制は、顧客保護や、FX会社のリスク管理、過当投機の防止といった観点から、金融庁が導入したわけですが、それまで400倍とかで取引していて、少ない資金で大きな利益を上げていた個人にはすごい痛い規制になっています。

個人という表現を使ったのは、実は、レバレッジ規制には抜け道があり、規制の対象は個人のみだということです。

個人のみということなので、法人名義で口座を作ることにより、レバリッジ規制をすり抜けることができ、以前のように400倍とかで取引することもできます。

今は法人を作ることは簡単ですので、デイトレーダーのようにFX専業で稼いでいる場合は、法人を作るというのもいいかもしれません。

ただ、法人にすると、全部のFX業者で50倍を越える取引をできるかというと、そうでもなく、400倍などの高レバレッジで取引できる業者は限られているようです。

レバレッジ規制をすり抜ける裏技としては、海外のFX業者を使うという手もありますが、トラブルに巻き込まれた時に言語(英語)やその国の法律などが絡んできますので、海外に直接行って問題を解決できるぐらいの自信がなければ利用するのは避けた方がいいかもしれません。

一応、日本語対応の海外FX業者もありますので、英語に自信がなければ日本語対応の業者を使ったほうが無難だと思います。